印刷のタイプについて

基本的には、<品質重視タイプ>と<ご予算重視タイプ>の2つの印刷方法からお選びいただけます。
活版印刷や箔押し加工等の特殊印刷もできますので、お気軽にお問い合わせください。

品質重視タイプ
印刷の品質は最高級
基本用紙は「マットコート」か「上質紙」のみ
特別用紙代金が必要
ご予算重視タイプ
高級紙も基本料金内で使用できる
予算を抑えて印刷
色校正もお手頃価格
色ムラが出やすい
印刷のバラツキがある
活版印刷
紙の凹みや滲みのある独特の雰囲気
アイボリーや濃色の紙も選択可能
高価格
写真は不可

専門用語では「オフセット印刷」と言われる印刷方法です。
例えば本屋さんに並んでいる雑誌や書籍などは、ほとんどこの「オフセット印刷」で印刷されています。
印刷の品質は最高級、お写真やベタ塗、グラデーションも綺麗に再現されます。
また用紙の質感もそのまま。用紙にこだわって選ぶなら、<品質重視タイプ>がオススメです。
ただし基本料金内では「上質紙」または「マットコート」の2種類の用紙のみの対応です。
風合いのある高級紙や最高級紙を使用する場合は追加料金がかかりますので、詳しくはお問い合わせください。

※4面折り/6面折り/MAP折り等の垂直・水平に折る加工や、箔押し加工は<品質重視タイプ>のみの対応となります

専門用語では「オンデマンド印刷」と言われる、業務用レーザープリンタを使った印刷方法です。
印刷料金は<品質重視タイプ>よりもお手頃なのが最大のポイント。
また基本料金内で使える用紙が多いのもメリットです。
ただしインクが乗った部分はすこしテカテカしますので、全面に濃い色面を使うデザインの場合、マットな用紙を選んでも思ったより光沢感が強い仕上がりになります。
とは言え、印刷関係のお仕事をされている方でなければ、それほど違いはわからないことがほとんどです。
ご予算を抑えたい方、お手頃価格で高級紙を使いたい方にも。デザイナーとしてもおすすめの印刷方法です。
ただしアイテムによって色差が出ることもあるので、下記「色校正」の工程を追加することをおすすめします。

専門用語では「オンデマンド印刷」と言われる、業務用レーザープリンタを使った印刷方法です。
印刷料金は<品質重視タイプ>よりもお手頃なのが最大のポイント。
また基本料金内で使える用紙が多いのもメリットです。
ただしインクが乗った部分はすこしテカテカしますので、全面に濃い色面を使うデザインの場合、マットな用紙を選んでも思ったより光沢感が強い仕上がりになります。
とは言え、印刷関係のお仕事をされている方でなければ、それほど違いはわからないことがほとんどです。
ご予算を抑えたい方、お手頃価格で高級紙を使いたい方にも。デザイナーとしてもおすすめの印刷方法です。
ただしアイテムによって色差が出ることもあるので、下記「色校正」の工程を追加することをおすすめします。



色の見え方について

左が<品質重視タイプ>、右が<ご予算重視タイプ>。
点線で囲ったグレーの部分、<ご予算重視タイプ>は若干ムラが出ているのがわかります。
お送りするSample07の例。
フォルダ下フタのベージュの地と、パスポート風メニューの表紙のロゴや文字の色はデータ上同じ色ですが、印刷時にはフォルダの方が赤っぽい色に再現されています。
「色校正」の工程を加えると、こういった事態を回避することができます。

お申込後、デザインはLINEやメールでご確認いただくことになります。
モニタと実際の印刷物では色の見え方が異なることが多いので、その点ご了承ください。
一般的に、モニタのほうが印刷物よりも鮮やかに感じられます。
①モニタの色再現と印刷物の色再現の差を認識するため
②本紙での印刷の印象を確認するため
③見る人や環境によって、同じ印刷物でも見え方が異なるため
④本印刷進行時、色指標として「色校正」を利用できるため
上記の理由から、design DKでは「色校正」の工程をおすすめしております。



色校正について

印刷の発注前に、使用する予定の紙と印刷機で、本番とほぼ同じ条件で印刷し確認することができます。
同じデータを使っていても、ロット等によって見た目の色が異なることが多いです。
特に複数のアイテムを同デザインで印刷する場合や、増刷の場合に「同じ色なのに赤っぽい」「同じ色なのに青っぽい」という仕上がりになることがありますが、印刷の特性上、工業的に許容範囲内であることがほとんどで再印刷・返品・返金の対象にはなりません。
こうした状況を回避するためには、「色校正」を行い、印刷所とお客さまとの間で基準となる色指標とすることが必須です。
日程に余裕があればこの工程を追加することを強くおすすめします。

※印刷発注を前提にしたサービスです。色校正だけの注文はできません。
※色校正データの保管は1ヶ月です。

品質重視タイプ※210×148mm〜/片面印刷のみ
オフセット 本機校正
1紙種・1枚につき¥16,500〜(税・送料込)
本印刷商品と同等の色再現が可能です。色に妥協できない方、人物や商品ポスターやこだわりの写真集、美術作品などシビアな色確認が必要な方におすすめです。
デジタルプルーフ(本紙タイプ)
1紙種・1枚につき¥3,300(税・送料込)
本印刷とインキや出力形式は異なりますが、本印刷の仕上がりに近い仕上がりイメージをご確認いただける高性能な校正機にて、本紙での印刷をいたします。
ご予算重視タイプ※最大459×308mm/片面印刷のみ
オンデマンド 本紙校正
1紙種・1枚につき¥2,200(税・送料込)
本印刷と同じ環境(印刷機・用紙)にて、事前に試し刷りしていただけるサービスです。出力結果や用紙の質感、発色具合のご確認にご利用ください。


料金について

基本料金には①デザイン料金 ②印刷費 ③紙代 ④断裁費 ⑤折り加工等の加工費がすべて含まれています。
印刷は10部以上・10部単位です(活版印刷・マスクケースは除く)。例えば25部必要でしたら、30部ご注文ください。
納品後、追加で印刷も可能ですが、割高になること・色が変わってしまう可能性が高いことから、部数が変わる可能性がある場合には多めにご注文いただくことをおすすめします。
表示価格は税込・送料別です。また銀行振込の場合はお振込手数料もご負担いただいております。

お支払方法

やり取りを重ねてすべてOKになりましたら、印刷に入ります。その際にお支払のご案内をさせていただき、ご入金の確認後、発送となります。
お支払方法は
銀行振込(お振込手数料はご負担ください)
クレジットカード決済(PayPalのアカウントが必要です)
のどちらかをご指定ください。
※招待状、当日用のアイテムをご注文いただいた場合も納品ごとにお支払となりますのでご注意ください※
※マスクケース等、一部アイテムはオンラインショップ(BASE)でもお買い求めいただけます※

送料について

マスクケース(既製品タイプ)など一部の商品を除き、発送はヤマト運輸の宅急便となります。
送料は以下の通りです。(発地:関東)

送料
北海道
九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)
沖縄
¥1,300
中国(岡山・広島・山口・鳥取・島根)
四国(香川・徳島・高知・愛媛)
¥1,100
北東北(青森・秋田・岩手)
関西(京都・滋賀・奈良・和歌山・大阪・兵庫)
¥1,000
南東北(宮城・山形・福島)
関東(東京・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・山梨)
信越(長野・新潟)
北陸(富山・石川・福井)
中部(静岡・愛知・岐阜・三重)
¥900

オプション料金について

アイテムごとに、基本料金内で使用できるお写真の枚数を定めています。
お写真点数によってオプション追加料金がかかります。
特にプロフィールパンフレットの場合、お写真点数によるオプション追加料金が発生することが多いのでご注意ください。

スキャン料、文字入力料について

スキャン料(紙焼き写真)
1点につき¥330
お預かりした写真は全てスキャンします。
実際使用した写真の点数ではなく、お預かりした写真の点数に対してのご請求となります。
スマホに保存されたもの、デジカメで撮影されたものなど、JPEGデータでご用意いただいた場合は、こちらの費用はかかりません。
文字入力料
A4サイズ1枚あたり¥8,800
文字数に関わらずA4サイズの原稿1枚に対してご請求させていただきます。
原稿をテキスト形式などのデータでご用意いただいた場合は、こちらの費用はかかりません。
なお、席次表の原稿についてはなるべくExcel、Word、PDFなど、コピー&ペーストができるデータでご用意ください。


キャンセル料金について

デザイン案は2案まで追加料金なし

デザイン案は2案まで、追加料金なし・基本料金内でお作りします。
①案・②案がお気に召さなければ、その時点でキャンセルされてもキャンセル料金はかかりません。
お申込後、まずは表紙デザイン案を制作します。そのデザイン案にOKをいただき、制作に進んだ時点でキャンセルされると、キャンセル・追加料金の対象となります。
なお色の変更、モチーフの変更など、同一テーマでの調整は追加料金の対象にはなりませんのでご安心ください。

例えば「フェスをテーマにしたデザイン」がデザイン案①、その後「やっぱり和風に変更」 がデザイン案②、さらに「やっぱりサッカーをテーマに変更」となればデザイン案③です。
デザイン案③からはキャンセル・追加料金がかかります。
キャンセル料金
デザイン承認後〜14日間 デザイン費の50%
デザイン承認後15日目以降〜印刷前まで デザイン費の100%
印刷開始後 全額(デザイン費+印刷費)
追加料金
デザイン承認後1回につき
またはデザイン案③以降
¥22,000
・デザイン承認後に制作中止となった場合はキャンセル料をいただきます。また、その際それより以前に追加料金が発生した場合には、その追加料金はお返しできません。
・最終確認後の修正はできません。最終確認OKのご連絡をいただき、印刷を開始した後の修正につきましては、再印刷となります。印刷代が追加となりますのでご了承ください。
※2020年6月にキャンセル料金を改定しました※

COVID-19による延期等について

新型コロナウィルス感染症の対策のため、ご結婚式・ご披露宴が延期/中止になった場合のキャンセル料金は下記の通りです。
※招待状は投函予定日/プロフィールパンフレット等の当日用アイテムはお式の日付を基準とします
印刷の発注前:延期の場合
追加料金なし
印刷の発注前:中止の場合
投函予定日/式の31日前以前 0円
投函予定日/式の30〜15日前 デザイン費の30%
投函予定日/式の14日前以降 デザイン費の50%
印刷の発注後
延期の場合 再印刷代を追加
中止の場合 印刷費+デザイン費の50%
FOLLOW ME#designdk.paperitems